So-net無料ブログ作成

8月19日(木) [矛盾について(その23)]

 『ザ・コーブ』を話題にしましたのは、これまで考えてきた矛盾とはまた別の矛盾がここに顔を出していると思うからです。
 これまでの矛盾には「事実記述の矛盾」と「意思表明の矛盾」がありました。前者は例えば「イルカは哺乳類である」と「イルカは魚類である」との間、後者は例えば「捕鯨は全面的に禁止すべきだ」と「捕鯨は一定の範囲内で認めるべきだ」との間にあります。前者は事実に照らしてどちらが正しいかを判断できますし、後者は双方の意見をぶつかり合わせて落としどころを探らなければなりません。
 事実記述とは「見る」こと(「知る」こと)に他なりません。ぼくらは事実を見て(知って)それを記述するのです。ですから、それが正しいかどうかは事実と合致しているかどうかを検証することによって判定できます。一方、意思表明とは「意思する」ことです。ぼくらの意思(何かをしようという思い)を外に出すことです。意思は意思すること(そしてそれを表明すること)によってはじめて姿を現すのです。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

horibe@OSAKA

矛盾について考えさせられました。いいですね。仕事は矛盾をはらむものです。部下には哲学を持って仕事にあたれなんていいながら自分の哲学はどうだか。考えてしまいます。ただ、姿勢という点では私はBE/ヒトとしてあり方、DO/やり方を大切に切り分けてきました。それは経験から知ったからです。MH
by horibe@OSAKA (2011-05-19 17:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0