So-net無料ブログ作成
矛盾について(その52) ブログトップ

9月18日(土) [矛盾について(その52)]

 レストランで、自分より後から来た人に先に料理が出されると、無性に腹が立つということでした。何と些細なことで、と言われるかもしれませんが、「神は細部に宿りたまう」と言います。一見些細なことに本質が隠れているものです。
 ぼくが考えたいのは、順番が乱されて後から来た人に先に料理が出されると、どうしてこうも腹が立つのかということです。先を越されたくらいで何故こんなに「いかり」が渦巻くのか。
 実は、自分もこころのどこかで人の先を越したいと思っているからではないでしょうか。たくさんの人が待っているのに、後から来た自分のところに真っ先に料理が運ばれてきたらどんなにかいいだろうと思っている。
 しかし、そんなことがまかり通れば、世の秩序が保てません。ですから、順に料理が出されるべきなのです。そうであってはじめて人の先を越したいという密かな欲求を抑えることができるのに、それが乱されるから無性に腹が立つのです。
 人の先を越したいのに、逆に先を越されるものだから、「いかり」心頭に発するのです。
人気ブログランキングへ
矛盾について(その52) ブログトップ