So-net無料ブログ作成
矛盾について(その123) ブログトップ

11月29日(月) [矛盾について(その123)]

 言うまでもありませんが割り込みをするのは悪です。そして世の悪は正さなければなりません。割り込みをする人には「そんなことをしてはいけません」ときちんと言うべきです。でもそれと同時に、割り込みを怒っている自分の中にも「オレも割り込みをしたい」という思いがあることに気づく。この「オレも割り込みをしたい」という思いが煩悩です。これに気づいたところに煩悩が姿を現し、気づかなければ煩悩なんてどこにもありません。
 煩悩は「あ、これは煩悩だ」と感じてはじめて姿を現すのです。
 さて「これは煩悩だ」と感じるとき、いまの場合、割り込みをされて「オレも割り込みをしたいと思っている」と気づいたとき、これは自分だけではなくみんなも同じだと感じています。「これはオレの煩悩だ」と感じるだけでなく、「これはみんなの煩悩だ」と感じるのです。
 それは、「これはうまい」と感じたとき、「これはオレにとってうまい」だけではなく、「みんなにとってうまい」と感じるのと同じです。しかしどうして「みんなにうまい」のでしょう。「うまい」と感じているのは自分なのに、どうして「自分以外のみんなにもうまい」と感じるのでしょう。
 「感じる」ことは向こうから「与えられる」からです。
人気ブログランキングへ
矛盾について(その123) ブログトップ