So-net無料ブログ作成
矛盾について(その171) ブログトップ

1月16日(日) [矛盾について(その171)]

 「いる」には、どこかに「いる」とこの世に「いる」の二つがあると言いました。どこかに「いる」は、そこに身を置くということで、何かを「する」のと変わりはありません。それに対してこの世に「いる」は、そうしたあらゆることを可能とするための前提条件です。
 ぼくがいま自分の部屋に「いる」のは、そうしたいと思うからです。そうしたいと思わなくなれば、直ちに部屋から出るでしょう。でもぼくがいまこの世に「いる」のは、そうしたいと思うからではありません。逆です。この世にいるから、この世にいたいと思うのです。
 自分の部屋に「いる」場合、まずぼくがそうしたいと思い、しかる後にぼくが自分の部屋にいるのですが、この世に「いる」場合、まずぼくがこの世にいて、しかる後にぼくがそうしたいと思うのです。
 不幸にしてこの世にいたくないと思うこともあるでしょうし、その結果として自分のいのちを絶つこともあります。それもしかしぼくがこの世にいるからこそのことです。この世にいるから、この世にいたくないと思うこともあるのです。
人気ブログランキングへ
矛盾について(その171) ブログトップ