So-net無料ブログ作成
検索選択
矛盾について(その177) ブログトップ

1月22日(土) [矛盾について(その177)]

 この世に「いる」場所があると思えるからこそ、ぼくらは安心してさまざまなことを「する」ことができます。逆にこの世に居場所があると思えませんと、何をするにせよ腰が落ち着きません、ふらふらします。
 居場所があると感じようが感じまいが、現に居場所がありますから、日々さまざまなことをしているのです。しかし居場所があると感じられませんと、「する」ことは寄る辺がなく根無し草のようです。ひたすら「する」ことに没頭していられる間はいいのですが、何かで躓いたりしますと一挙にすべてが危機に瀕します。しかし居場所があると感じられますと、「する」ことが多少うまくいかなくてもそれほど慌てることはありません。まあ何とかなるさと落ち着いていられます。
 居場所があるという思いは向こうから与えられます。「ここにいていい」と向こうから認められてはじめて居場所があることを実感できるのです。前にも言いましたように「オレはこのまま生きていていいのだ」と百万遍称えても何の足しにもなりませんが、通りすがりの見知らぬ人からたった一言「こんにちは」と声をかけてもらえるだけでもう充分です。それが「そのまま生きていていいんだ」と聞こえ、生きる力となるのです。
人気ブログランキングへ
矛盾について(その177) ブログトップ