So-net無料ブログ作成
はじめての親鸞(その143) ブログトップ

5月19日(日) [はじめての親鸞(その143)]

 「源左、助くる」という声が聞こえて、思わず源左の口からもれた「ようこそ、ようこそ」が正真正銘の他力の念仏です。それは確かに源左の口から出ていますが、源左がそう言おうと思って言ったことばではありません。ふと口をついて出てきたことばです。「源左、助くる」ということばがどこからかやってきて、源左の身体を通り抜け、今度は「ようこそ、ようこそ」ということばとなって出て行ったのです。
 「ようこそ、ようこそ」が源左の念仏だとしますと、念仏は何も「なむあみだぶつ」に限らなくてもいいのではないでしょうか。そもそも「なむあみだぶつ」は古代インドのことばです。その音がそのまま漢字に写し取られて「南無阿弥陀仏」となり、漢訳経典とともにわが国にもたらされた。こんなふうに、よその国のことばが遠い昔にやってきて、いつの間にかそのまま居ついたのです。そのうちに日本の風土に馴染んで、もう根っからの日本語のような顔つきをしています。だからこそ尊いと言うこともできます。
 そのことばが自分の身体にも馴染んでいる人は、それがふと口をついて出てくるでしょう。もう空気のように当たり前になっていれば、意識することなく口からもれることでしょう。ぼくらが思いがけない親切をしてもらって「ありがとう」と言うときに、その人なら「なむあみだぶつ」と言うのではないでしょうか。散歩をしていて、向こうからやってくる見知らぬ人がにっこり微笑んでくれたら、ぼくらは思わず「こんにちは」と言いますが、その人なら「なむあみだぶつ」と言うでしょう。

はじめての親鸞(その143) ブログトップ