So-net無料ブログ作成
検索選択

悪人とは誰のことか [『歎異抄』を聞く(その36)]

(3)悪人とは誰のことか

 親鸞は「悪人〈にもかかわらず〉往生できる」と言っているのではありません、「悪人〈だから〉往生できる」と言っているのです。
 この一見きわめて非常識で破天荒な言い分を了解するためには、親鸞にとって悪人とは誰なのかを見なければなりません。前にこう言いました(第2回、8)、悪人とは自分を悪人と自覚している人のことで、それ以外に悪人はいない、だから「自分は悪人である」という言い方しか成り立たず、「あの人は悪人である」とは言えないと。悪は自覚においてしか存在しないということですが、ここにもう一度たちかえりましょう。
 本人が自覚しようがしまいが悪は悪だ、というのが世間の通り相場です。世の中には善と悪があり、善をなす人が善人で、悪をなす人を悪人という、と、このように考えられています。この考え方には、人は善をなそうとして善をなすことができ、悪をなそうとして悪をなす、という前提があります。そしてこれが世の道徳秩序の基礎となっています。さてしかしほんとうにそうか、と問うのが親鸞です。
 後で詳しく取り上げますが(第10回)、先回りして見ておきますと、第13章において宿業の思想が出てきます。「よきこころのをこるも、宿善のもよほすゆゑなり。悪事のおもはれせらるるも、悪業のはからふゆゑなり。故聖人のおほせには、卯毛羊毛(うのけひつじのけ)のさきにゐるちりばかりもつくるつみの、宿業にあらずといふことなしとしるべしとさふらひき」。われらは善をなそうとして善をなし、悪をなそうとして悪をなしていると思っているが、善をなし悪をなすのもみな宿業によるのだということです。
 この宿業ということばに親鸞他力思想を解く鍵があると言えます。
 宿とは過去ということで、業とは行為ですから、宿業は過去になした行為という意味です。いま現になすことは、みな過去になした行為とつながりあっているということです。しかも「宿」にはこの世に生まれる前という意味が含意されていて、曠劫よりこのかた、なしになしてきたあらゆる行いとつながっているとみなされるのです。さらには「一切の有情はみなもて世々生々の父母兄弟」(第5章)ですから、自分のなしてきた行いだけではなく、一切の有情のなしになしてきた行いともつながりあっていることになります。

タグ:親鸞を読む
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや [『歎異抄』を聞く(その35)]

(2)善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや

 『歎異抄』のなかでもっとも有名なことば、「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」の登場です。これは世の常識的なことば、「悪人なを往生す、いかにいはんや善人をや」と対比されます。普通は「なをもて」は「なおさら」で、「いはんや」は「言うまでもなく」という意味ですが、この場合、「なをもて」と「いはんや」は対をなしていて、「なをもて」は「でさえ」、「いはんや」は「まして、なおさら」と訳すのが適切でしょう。ですから前者は「善人でさえ往生できるが、悪人はなおさら」となり、後者は「悪人でさえ往生できるが、善人はなおさら」となります。
 この対比を「悪人〈だから〉往生できる」と「悪人〈にもかかわらす〉往生できる」に置き換えると、そのコントラストがよりはっきりします。
 こうすることで前者がいかに常識外れであるかが際だってきます。後者でさえ、「善人〈だから〉往生できる」と比較しますと、意表をつくものがありますが、前者となりますと、普通の感覚を逆なでして、「そんなばかなことがあるものか」という反発を引き起こすでしょう。そんなことから「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」を、どうしても「善人が往生できるのは当然だが、悪人でも往生できる」と生ぬるく理解したくなります。こうして「悪人なを往生す、いかにいはんや善人をや」との境い目がはっきりしなくなっていき、いつの間にか「悪人〈にもかかわらず〉往生できる」に合流していくのです。
 蓮如の「おふみ」を読んでいてそれを感じます。
 たとえば蓮如はこう言います、「一心一向に、阿弥陀如来たすけ給えと、ふかく心にうたがいなく信じて、我身の罪のふかき事をば、うちすて、仏にまかせまいらせて、一念の信心さだまらん輩は、十人は十人ながら、百人は百人ながら、みな浄土に往生すべき事、更に、うたがいなし」(第5帖第4通)と。このなかに「我身の罪のふかき事をば、うちすて」とありますが、これは、悪人であっても、そんなことは気にすることなく、一心一向に弥陀をたのめば、必ず往生できるのだということでしょう。この言い回しからは「悪人〈にもかかわらず〉往生できる」の匂いが立ち込めてきます。

タグ:親鸞を読む
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

第3章本文 [『歎異抄』を聞く(その34)]

           第4回 悪人正機(第3章)

(1)第3章本文

 善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。しかるを世のひとつねにいはく、悪人なを往生す、いかにいはんや善人をやと。この条、一旦そのいはれあるににたれども、本願他力の意趣にそむけり。そのゆゑは、自力作善のひとは、ひとへに他力をたのむこころかけたるあひだ、弥陀の本願にあらず。しかれども、自力のこころをひるがへして、他力をたのみたてまつれば、真実報土の往生をとぐるなり。煩悩具足のわれらは、いづれの行にても生死をはなるることあるべからざるをあはれみたまひて、願ををこしたまふ本意、悪人成仏のためなれば、他力をたのみたてまつる悪人、もとも往生の正因なり。よて善人だにこそ往生すれ、まして悪人はと、おほせさふらひき。

 (現代語訳) 善人でさえ往生するのですから、まして悪人はなおさらです。ところが世の人々は、悪人でさえ往生するのだから、まして善人は、と言います。これは、一応もっともなようですが、実は本願他力の趣旨に背いています。どうしてかと言いますと、自力で善をなそうとする人は、一心に他力を頼もうとする心が欠けていますから、弥陀の本願にかなっていません。それでも、自力の心を翻して、他力を頼もうとすれば真実の浄土へ往生できるのです。煩悩にまみれているわれわれは、どんな行によっても生死の迷いから離れることができないのを哀れみくださって願を起こしてくださったのですから、その本来のねらいは悪人成仏にあり、他力を頼もうとする悪人こそ、往生できる因を持っているのです。ですから、善人でさえ往生する、まして悪人は、と仰せになったのです。

 『歎異抄』を世にしらしめたことば「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」が出てきます。これは親鸞のことばとされていますが、どうやら師・法然のことばのようです。親鸞は法然からこのことばを聞いたと述べているのです。この章と第10章だけが「おほせさふらひき」で終わり「云々」がないことがその根拠のひとつです。ここで「おほせ」られているのは法然上人と見るべきです(このことは増谷文雄氏の書物から教わりました)。

タグ:親鸞を読む
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

面々の御はからひ [『歎異抄』を聞く(その33)]

(12)面々の御はからひ

 南無阿弥陀仏というインドの不思議なことばが中国に伝わり、さらに朝鮮、日本へと伝えられ、2千年にわたって無数の人々に称えられてきたという事実、ここにはじつに重い意味があります。
 歴史の重みと言います。歴史の試練に耐えてきたもの、歴史のなかで磨かれてきたものにはおのずから力があるということでしょう。南無阿弥陀仏の声が聞こえるということは、歴史の声が聞こえるということです。そしてそれにこだまするように南無阿弥陀仏と称えるということは、歴史の声に応答するということです。歴史の声に「帰っておいで」と呼びかけられ、その声に「はい、ただいま」と応答する。
 「われ人ともに救われん」という法蔵の誓いが南無阿弥陀仏という歴史の声として親鸞のもとに届いた。親鸞としてはその「よきひとのおほせをかぶりて、信ずるほかに別の子細」なく、「たとひ法然上人にすかされまひらせて、念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからず」です。かくて「詮ずるところ愚身の信心にをきては、かくのごとし」。ただ歴史の声を信じ、その声に応答するだけです、と言うのです。そして最後にこう言い放ちます、「このうへは、念仏をとりて信じたてまつらんとも、またすてんとも、面々の御はからひなり」。
 蓮如は「つゆうたがうべからず」と言いますが、親鸞は「信じたてまつらんとも、またすてんとも、面々の御はからひなり」と言う。
 後序には「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなりけり」とありますが、これは歴史の声というものは巨大な拡声器から大音声で届くものではなく、親鸞一人の胸に秘めやかにやってくるということでしょう。そして、それに対してひとり一人が秘めやかに応答する。それが歴史の現実に向きあうということであり、それしかないということです。

                (第3回 完)

タグ:親鸞を読む
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

念仏の歴史 [『歎異抄』を聞く(その32)]

(11)念仏の歴史

 第1段で「親鸞にをきては、ただ念仏して弥陀にたすけられまひらすべしと、よきひとのおほせをかぶりて、信ずるほかに別の子細なきなり」と述べ、第2段で「たとひ法然上人にすかされまひらせて、念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからずさふらふ」の述べたあと、最後の段で「よきひとのおほせ」には、はるかな歴史的背景があるのだと話を展開します。
 少し前のところで(4)、「ただ念仏して弥陀にたすけられまひらすべし」ということばはよきひと・法然上人の口から発せられたに違いないが、親鸞には弥陀自身の声として聞こえたはずであると言いました。だからこそ、それを「信ずるほかに別の子細なきなり」であり、また「たとひ法然上人にすかされまひらせて、念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからず」であると。
 さて親鸞は法然の口を通して弥陀の声を聞いたように、法然は善導の書物を通して弥陀の声を聞き、善導はまた釈迦の経典を通して弥陀の声を聞いたはずで、さらに釈迦はと言いますと、弥陀の声を直に聞いたということです。かくして弥陀の声は釈迦、善導、法然、そして親鸞へと伝えられた。これをぼくはこれまで南無阿弥陀仏の「リレー」と呼んできましたが、この言い方では一本の細い線のイメージになってしまうおそれがあります。実際には無数の人たちによって南無阿弥陀仏が縦横無尽に伝えられてきたのですから、これを南無阿弥陀仏の「歴史」といった方が真実に近いと思われます。
 前に南無阿弥陀仏は「宇宙の声」であると言いましたが(第1回、8)、今度はそれを「歴史の声」ととらえてみたい。
 南無阿弥陀仏には2千年の歴史があります。それは言うまでもなくインドのことば(サンスクリット)で、「限りないいのち(アミターユス)と限りないひかり(アミターバ)である阿弥陀仏に南無(ナモ)つまり帰命する」という意味です。因みにインド人は日々「ナマステ(こんにちは)」と挨拶しあっていますが、これは「あなた(テ)を敬います(ナマス)」と言っているのです(「ナマス」と「ナモ」は同根です)。

タグ:親鸞を読む
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

第2章第3段 [『歎異抄』を聞く(その31)]

(10)第2章第3段

 弥陀の本願まことにおはしまさば、釈尊の説教、虚言なるべからず。仏説まことにおはしまさば、善導の御釈(おんしゃく)、虚言したまふべからず。善導の御釈まことならば、法然のおほせそらごとならんや。法然のおほせまことならば、親鸞がまうすむね、またもてむなしかるべからずさふらふか。詮ずるところ愚身の信心にをきては、かくのごとし。このうへは、念仏をとりて信じたてまつらんとも、またすてんとも、面々の御はからひなりと云々。

 (現代語訳) 阿弥陀仏の本願がまことでしたら、釈尊の教えも虚言ではないでしょう。釈尊の教えがまことでしたら、善導の解釈も虚言であるはずはありません。善導の解釈がまことでしたら、法然の言われることもそらごとではないでしょう。法然の言われることがまことでしたら、この親鸞の言うことも、またむなしくないのではないでしょうか。結局、愚かな身の信心というものは、こんなものです。この上は、念仏をとって信じられようと、あるいは捨てられようと、みなさんお一人おひとりのお考えです。と、こんなふうにおっしゃいました。

 第2章の最後のところです。ここで親鸞は南無阿弥陀仏の歴史に言及します。わたしが念仏しているに違いはないが、それは南無阿弥陀仏の歴史がそうなさしめているのであり、わたしはそれに何ひとつつけ加えているのではないと。そして最後の最後にこう言い放ちます、念仏をするかしないかは「面々の御はからひなり」と。
 親鸞の面目躍如です。

タグ:親鸞を読む
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

地獄は一定すみかぞかし [『歎異抄』を聞く(その30)]

(9)地獄は一定すみかぞかし

 親鸞はその理由をこう言います、「そのゆゑは、自余の行をはげみて仏になるべかりける身が、念仏をまうして地獄にもおちてさふらはばこそ、すかされたてまつりてといふ後悔もさふらはめ、いづれの行もをよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし」と。これは一見よわよわしい繰り言のように聞こえます。自力で救いをつかむことができるのなら、だまされたという後悔もあるだろうが、「いづれの行もをよびがたき身」だから、たとえ地獄におちてもしかたがない。そもそも自分には地獄がふさわしいのだ、と。しかし、このよわよわしさの裏には、天地がひっくり返っても覆らない信があることを見逃してはなりません。
 「地獄は一定すみかぞかし」と言えるのは、その裏に「極楽は一定すみかぞかし」の信があるからです。
 その信は「これから」のことではありません、「もうすでに」のことです。何度も言いますように、「これから」の往生については、どこまでも疑いがついてまわります。蓮如に「つゆうたがうべからず」と言われても、言われれば言われるほど疑いが募ります。でも「もうすでに」往生しているとしたらどうでしょう。これはもう天地がひっくり返っても確かです。親鸞の信はそういう信です。「信心のひとはその心すでにつねに浄土に居す」(『末燈鈔』第3通)のです。
 しかし、「もうすでに」往生しているとはどういうことか、という声が上がることでしょう。それは浄土の教えに反するのではないか、往生はいのち終わってからのことではないのか、と。そこで思い起こしたいのが「これから」も「もうすでに」も「いま」のなかということです。「いま行きます」は「これから行きます」ですが、「いま出ました」は「もうすでに出ました」であるように、身も心も浄土に居るようになるのは「これから」ですが、心は信心を得たとき「もうすでに」浄土に居るのです。
 「いま(これから)浄土へ往く」とともに「いま(もうすでに)穢土を出た」のです。

タグ:親鸞を読む
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「これから」と「もうすでに」 [『歎異抄』を聞く(その29)]

(8)「これから」と「もうすでに」

 「いま」というのはつくづくおもしろいことばです。「いま食事中です」とは文字通り「ただいま」食事をしていますということですが、「早く来るように」と言われて、「いま出ました」と答えるときは「もうすでに」出ましたということですし、「いま行きます」と返事するときは「これから」行きますという意味です。
 このように「いま」ということばには「ただいま」と「もうすでに」と「これから」の三つの意味が含まれているのです。そして「ただいま」の「いま」も決して点ではなく、伸縮自在の幅をもっています。「いま食事をしています」の「いま」はたかだか一時間ほどの幅でしょうが、「いま教員をしています」の「いま」は数十年、そして「いま第4間氷期です」となりますと数万年の幅があります。
 このように、「いま」は底なしに深く、そのなかに「もうすでに」と「これから」を含んでいますが、この二つをごちゃまぜにすることはありません。過つことなく、これは「もうすでに」で、これは「これから」と見分けることができます。そのとき手掛かりとなるのが、一方は天地がひっくり返っても確かであるのに対して、他方はどこまでも疑わしいということです。「もうすでに」起こってしまったことは天地がひっくり返っても確かですが、「これから」起こることはどこまでも疑わしい。
 「念仏は、まことに浄土にむまるるたねにてやはんべるらん、また地獄におつべき業にてやはんべるらん、総じてもて存知せざるなり」に戻りましょう。蓮如なら「つゆうたがうべからず」と言うところを親鸞は「総じてもて存知せず」と言いますが、それは問題が「これから」のことだからです。「これから」の往生については、どこまでも疑いはついてまわるということをはっきり言っているのです。「これから」の往生を「疑うべからず」と言うのではなく、疑って当然だと言うのです。そしてこう続けます、「たとひ法然上人にすかされまひらせて、念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからずさふらふ」と。「これから」のことは分かりませんから、念仏して地獄におちるかもしれませんが、それでも一向に後悔しません、と。
 なぜそんなことが言えるのでしょう。

タグ:親鸞を読む
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

時間の謎 [『歎異抄』を聞く(その28)]

(7)時間の謎

 「これから」のことはどこまでも疑いがつきまとうと言いましたが、反対に天地がひっくり返っても確かなのは「もうすでに」のことです。むしろこう言うべきかもしれません、どこまでも疑いが残ることを「これから」とし、天地がひっくり返っても確かなことを「もうすでに」としていると。ここで少し時間というミステリーワールドに踏み込むことをお許しいただきたいと思います。時間ほど謎に満ち、だからこそおもしろい領域はありません。以前に考えたことをベースにして、イチミリでも新たな発見があることを期待しながら、いま一度考えてみたいと思います。
 「いま」と「もうすでに」と「これから」。
 まずもって「もうすでに」(過去)があり、そして「いま」(現在)があって、さらに「これから」(未来)がやってくる、というように思います。昨日があり、今日があって、そして明日がある、と。しかし昨日はいったいどこにあるのか、そして明日もはたしてどこにあるのでしょう。「ある」と言えるのは、「いま」目の前に見えるものだけではないのか。もちろん「見えぬものでもあるんだよ」(金子みすず)と言わなければなりませんが、でもそれは「いま」現に感じられているからです。昨日はこの写真の中にしっかり残っているじゃないかと言っても、あるのは「いま」手にしている写真だけです。明日という日はちゃんとカレンダーに記されているじゃないかと言っても、あるのは「いま」目にしているカレンダーの数字だけです。
 昨日も明日もない、あるのは今日だけだ、などと言っているのではありません。もちろん昨日もあり、明日もあるのですが、どちらも今日のなかにしかないということです。昨日は昨日として今日のなかにあり、明日は明日として今日のなかにあります。「もうすでに」は「もうすでに」として「いま」のなかにあり、「これから」も「これから」として「いま」のなかにあります。「もうすでに」も「これから」も「いま」とは独立にどこかにあるのではないということです。

タグ:親鸞を読む
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

存知せざるなり [『歎異抄』を聞く(その27)]

(6)存知せざるなり

 「親鸞にをきては、ただ念仏して弥陀にたすけられまひらすべしと、よきひとのおほせをかぶりて、信ずるほかに別の子細なきなり」にすぐ続いて、実に驚くべきことばがきます、「念仏は、まことに浄土にむまるるたねにてやはんべるらん、また地獄におつべき業にてやはんべるらん、総じてもて存知せざるなり」と。信じがたいことばが親鸞の口から出てきて、その場にいた面々、一様にびっくりしたのではないでしょうか。法然上人から「ただ念仏して弥陀にたすけられまひらすべし」とお聞きしたのですから、念仏をもうせば浄土へ往生できること疑いありません、と続くはずのところを、往生できるかどうかは知らないというのですから。
 ここに親鸞浄土教の真面目があります。
 蓮如ならこう言います、「一念に、弥陀如来今度の後生たすけたまえと、ふかくたのみ申さん人は、十人も百人も、みなともに弥陀の報土に往生すべき事、さらさらうたがいあるべからざるものなり」(「おふみ」第5帖の第2通)。いたるところに「つゆちりほどもうたがうべからず」、「さらにうたがいのこころ、ゆめゆめあるべからず」といったことばが出てきて、信心のひとは必ず往生できると繰り返しうけがっています。ところが親鸞という人は、信心をえて念仏しても往生できるか、それとも地獄行きとなるのか「総じてもて存知せざるなり」と言うのです。
 この違いはどこからくるのでしょう。
 結局のところ、往生を「これから」のことと見るか、それとも「もうすでに」のこととするかということです。往生が「これから」のことでしたら、どこまでいっても疑いは晴れません。蓮如が繰り返し巻き返し「さらさらうたがいあるべからず」と言わなければならないのは、何度言っても疑いはその度またそっと忍び寄ってくるからです。往生は「これから」のことであるとしますと、疑いからすっかり解放されることはあり得ないと言わなければなりません。

タグ:親鸞を読む
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問